CONCEPT

【作品解説】

【鉄を錆びさせ絵を描く】

forest

私は主に鉄板を作品の媒体として用います。
鉄板に錆を発生させ鉄の地肌と錆の濃淡を活かして作品を創り上げています。鉄板を錆びさせて絵を描くという発想は、私が日本古来の【踏鞴(タタラ)製鉄】に影響を受けた時に思いつきました。
踏鞴製鉄では森の木々や土の中の鉱物から鉄を創り出す事ができます。地球に存在するすべてのものは幾度となく物質変化を繰り返し、様々な形に姿を変えてこの世に生き続けています。
人の手によって造られた鉄も、いずれ時が経つと徐々に錆びてゆき、朽ちてその役目を終わらせる時が来ます。
本来、鉄は酸化している錆の状態が自然界にいた時の元の姿であり、
人工的に加工された鉄の表面に錆が出来るのは、鉄が自然界に戻ろうとしている作用だと思います。
そう考える中で、私は人工物の中にも自然界の頃の記憶が宿っているのではないかと感じる様になりました。
人工物としての生命を終える時、錆びて朽ちていく中で自然界の記憶が蘇り、やがて自然界の姿に戻ってゆく。私は姿を変え生き続ける永遠の生命と記憶を作品上に表現しました

I mainly use iron plates as a medium for my art. The iron plate has been rusted intentionally and I create artwork utilizing that rusted color. The idea of making pictures by rusting iron plate sprang to mind because of the Japanese `Tatara` iron-making method which impressed me. It is a Japanese old way of making iron using iron minerals from the earth and burning wood coal for the fire. All objects on the earth change their substance repeatedly in a continual existence by transforming into various shapes. Even iron which is man-made, can naturally rust over time and eventually falls into decay. Iron, that becomes rusted is actually a natural gradation of iron. I think the event when rust starts to appear on the surface of artificially processed iron is a reflection of iron trying to return to its natural form. I came to realize that man-made objects can still retain a natural imprint. As its final minutes’ are approaching, an artificially made object will retrieve its imprint in nature and return to its more natural state. I wish to express the transfiguration of eternal life and a memento of nature into my artworks.

【Memories of Iron】

Memory of iron

私の創った作品の中で鉄の腐食を止めない作品達は、私の手元を離れた後も少しずつ変化し続けます。
私が腐食を止めない限り、作品として生まれた瞬間の姿を保ち続ける事は難しいです。

それでもなぜ腐食を止めないか。

それは作品が日々変化し続ける姿を鑑賞者に見て欲しいという想いがあるからです。
作品が変化し続けることで、見る人に、いつでも同じものが見られるという物的な見方ではなく、作品を一つの生命として感じてもらえるのではないかと考えています。

In some of my artworks I do not use a prevention of corrosion method for the iron. It is difficult to keep the original shape in those artworks unless I use a decay prevention method. So, why is it I do not use a corrosion preventive method on some of my artworks? This is because I want to demonstrate the changes to it over time to the audience. By witnessing these changes, people will sense my artworks as anima, and does not give a stereotypical interpretation of its configuration. 

 

【Long Long Sleep】

Long Long Sleep Ammonite

私の創った作品の中で、錆止めのコーティングを施している作品は、主に化石をイメージして創られています。

はるか昔存在していた物が長い間眠り続け、痕跡や気配を残したまま結晶化した化石。

本来は錆による腐食が進んで、形が無くなっていく鉄ですが、腐食がある程度進んだ所で錆止めをすることにより、化石に見られる存在の結晶化の表現(再現)に挑戦しています。

My artworks that have a rust-proof coating mainly reflect a fossil-like image, a compressed ancient organism along with traces of its past presence. Iron loses its shape to decay by rust. I apply a rust preventive coating to my artwork that have some extent of decay. It is my intention to duplicate the crystallized existence of fossils.